介護は一人で抱え込まないで|快適な介護にするために

資格の変化とキャリア

介護の仕事を職業とする場合、国家資格である介護福祉士という資格はあるものの、基本的には資格がなくても仕事ができるのが介護業界です。 しかし、介護保険制度が導入されて以来、介護サービスを提供する事業所等が激増し、それに伴い質の向上が重要視されるようになってきました。 これまでホームヘルパーなどの民間の資格もいくつかありましたが、色々ありすぎて複雑だったため、現在ではいくつかの資格を「介護職員初任者研修」という資格に一元化してシンプルかつステップアップしやすいような仕組み作りが勧められています。 介護職員初任者研修は、介護の仕事を始める上で初心者向けに講義が組まれていて、学科講習や実技講習で知識や技術を学ぶようになっています。

現在では、介護施設などにおいては慢性的な介護不足が深刻化していますが、今後も高齢者は増加の一途をたどることが予測されているため、介護施設などの需要はますます高まることが予測されます。 介護をする職員に対しても知識や技術の向上が求めれており、介護職員初任者研修や介護福祉士などの有資格者が優遇される傾向にあります。 介護職員初任者研修は多くの民間スクールなどで受講できますが、雇用保険に加入していて失業中の人は職業訓練として無料で受講することができる地域もあります。 介護現場においては給料が安いなど待遇面などが問題視されていますが、介護保険の改正案では介護職員に対する処遇の改善案なども出されているので、今後が期待されるところです。